AEAロゴマーク
トップページ > 新製品紹介
トップページ AEAについて AEAとは 組織図 役員・各委員会 建築設備士について ポジショニング 仕事の範囲 設備商品検索リンク 建築設備設計リンク 情報公開資料 会員名簿 設備事務所紹介
無料相談室
無料相談室カット

住宅を建てたい方・現在お住まいの住宅設備(電気機器、衛生機器空調機器)でお悩みの点についてアドバイスをご希望の方は“設備の無料相談室”を開設していますので、お気軽にご利用ください。

>>リーフレット(PDF)

一般社団法人
愛知県設備設計監理協会 事務局内
TEL 052-322-5077

無料相談室フォームボタン

Member's
会員名簿
ダウンロード
変更届用紙
正会員用
賛助会員用
建築設備士準備問題
Member'sEndof
 
新製品紹介
日立チラーユニット マトリクス アイ-スタイル(小容量タイプ)

※写真は標準タイプの3台連続設置時イメージ
ラインアップ表
  型名(冷却能力 kW)※1
375型
(37.5)
500型
(50.0)
750型
(75.0)
空冷ヒートポンプ式 ポンプレス仕様
ポンプ搭載仕様
空冷式冷専 ポンプレス仕様
ポンプ搭載仕様
注(1) 空冷ヒートポンプ式:冷水・温水を切替え 空冷冷専式:冷水専用。
注(2) ポンプレス仕様:冷温水循環ポンプは現地準備品。ポンプに対してON・OFF信号出力のみ行う。
注(3) ポンプ搭載仕様・冷温水循環ポンプおよびポンプ制御用インバーターを製品に搭載(内蔵)。ポンプに対してインバーター制御をおこなう。
注(4) 変流量システムとしてお使いいただく場合は、オプションの送水温度センサー・還水温度センサーが必要です。
※1 チラーユニットカタログ標準仕様表に記載の冷却能力です。


■特長(詳しくは、カタログをご覧ください)
●小容量・モジュールタイプだから、狭小地への設置自由度が向上
 小容量・モジュールタイプだから、マトリクス アイ-スタイル標準設置タイプ、リニューアルタイプ、横連続設置タイプに比べ、ビルの屋上など、狭小地への設置自由度が向上しました。設置スペース・負荷・用途にあった機種選択の幅がさらに広がりました。
●高い定格冷却COP※2、従来定速型から大幅効率アップ
 高効率インバータースクロール圧縮機の搭載と冷凍サイクル・水側熱交換器の改良により、高い定格冷却COP※2を実現しました。
※2.
新型機インバータータイプRHNP750AV COP値3.00、従来(2017年3月まで発売の製品)定速ヒートポンプ機RHUP750A2(60Hz) COP値2.27。約32%UP。空気側熱交換器入口空気乾球温度35℃・冷水入口温度12℃・冷水出口温度7℃。JRA4066:2014「ウォータチリングユニット」に基づく。
●さまざまな現地システムに対応可能なモジュール制御機能を標準装備
 モジュールコントロール機能を標準搭載することで複数モジュール制御する台数制御専用コントローラーの接続は不要(遠隔からの運転指令の入力は必要)とし、親機本体コントローラーから最大8モジュール(冷却能力最大600kW)まで1グループとして制御することができます。(空冷ヒートポンプ式・空冷式冷専の混在も可能です。ただし、異なる運転容量の組合わせや ポンプレス・ポンプ搭載仕様機の混在はできません。)

*掲載製品の製造元は、日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社です。
カタログ等の資料ご請求は下記まで

日立アプライアンス株式会社 中部支店 ソリューション営業部  [担当:荻野]
〒460-0003 名古屋市中区錦二丁目5番12号(パシフィックスクエア名古屋錦ビル2階)
TEL:(050)3144-9824  FAX:(050)3144-9828  e-mail:takashi.ogino.dx@hitachi.com

日立アプライアンスの最新の情報はホームページで